発泡スチロールの加工・販売なら名古屋・一宮市のグリーン株式会社EPS事業部。個人用から業務用まで幅広く対応いたします。
  • HOME »
  • 取扱品目

取扱品目

発泡スチロールの切断/加工

発泡スチロールは熱を通したニクロム線によって、様々なサイズ、厚さに加工する事が可能です。
大きなブロック材を専用の機械や手作業により、板材、角材、円柱など様々な形に加工します。
緩衝材、コンクリートを打つときの型、イベント用、工作など用途は多岐にわたります。
発泡ビーズの発泡倍率により固さにも種類があり、倍率が高いほど柔らかくなり、低くなると
堅くなります。

p_method01

発泡スチロールのNC加工

図面データを元にNCルーターを利用して発泡スチロールのブロックから削りだしを行います。
自動制御のドリルを細かく動かすことによって3次元での加工を行い、立体物を制作します。
1点ものの制作やサンプル品作成の用途で多く利用されています。
高性能立形マシニングセンタ(VCN-430A)の導入により、緻密で高度な成型品の製作が
可能になりました。

p_method02

発泡スチロールの成形

金型を製作し、その金型に原料を注入することにより、決められた形の発泡スチロールを作成します。
同じ形のものを大量生産するのに向いており、魚箱、保冷箱などの定番の形があるものに利用されます。

p_method03

EPS土木工法向け発泡スチロール製造

EPS工法で使用する大型の発泡スチロールブロックの製造を承わっております。EPS土木工法は、発泡スチロールを盛土材料として使用する工法で、材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性に優れた土木工法です。
当社では、ご相談・設計・製造・販売から工事現場までの配送まで一貫して承ります。

EPS土木工法について

PAGETOP